• 栃木県小山市の Be-Posh ビーポッシュ 小山西口店
  • 栃木県小山市の Be-Posh ビーポッシュ Jaspar店
栃木県小山市・下野市の美容室 Be-Poshの営業時間 月~土/9:00~20:00 日・祝/9:00~18:00

カラーリングをくり返したことによる髪の傷み


カラーリングを重ねると どうしても髪の毛はパサつきやすくなります。

特にフルカラーを頻繁に繰り返すと髪の傷みは目立ちます。

パーマやカラー、紫外線などで傷んだ髪に、良質なトリートメントを施すことでタンパク質や水分、油分が行きわたり、ツヤのある健康な髪に戻ります。


カラーリングをくり返した時に、こんな髪のお悩みはありませんか?

「カラーリングしてもすぐ色が抜けてしまう」「切れ毛や枝毛、パサつきが気になる」「スタイリングがうまく決まらない」

カラーリングしてもすぐ色が抜ける

カラーリングが定着するには24時間かかるため、シャンプーは1日過ぎてからおこないましょう。

カラーリングは、1ヵ月半から2ヵ月くらいの間隔でおこなうのが理想的ですが、色素は少しずつ抜けていきます。

予防としては、髪の表面に保護膜を作る効果のあるトリートメントやコンディショナーを使うことでツヤが保てるため、色の抜け感が気になりません。

カラーリングの後、切れ毛や枝毛、パサつきが気になる

髪の毛は、外側からキューティクル、コルテックス、メデュラの3つの層から成り立っていますが、表面のキューティクルがはがれると、切れ毛や枝毛、パサつきが気になります。

これはカラーリングの薬剤が原因というよりも、髪の乾かし方に問題があるのかもしれません。

髪の毛の表面のキューティクルは濡れていると開き、ドライヤーをあてることで、閉じていきます。自然乾燥では、キューティクルが開いたまま乾わくので、髪の毛のトラブルが起きてしまいます。

髪の毛は自然乾燥をするよりドライヤーを使って乾かしましょう。

カラーリングのあとスタイリングがうまく決まらない

カラーリングをした直後は、ヘアアイロンなどでしっかりセットをすると髪の毛にダメージを与えてしまいます。

そのため、切れ毛や枝毛が増えてしまいスタイリングが上手く決まりません。

カラーリング直後は、あまりスタイリングにこだわらない方がよいようです。


カラーリングによる髪の毛の傷みの原因と解決策

カラーリングによる髪の毛の傷みは、水道水に含まれる金属イオンが、カラー剤と過剰反応を起こし、キューティクルを傷つけることが原因のひとつと考えられています。

この原因にアプローチしたカラーが当店の「光色イルミナカラー 」です。

特徴としては、ダメージを極力抑え、根元から毛先まで均一に染まることです。


まとめ

適切なカラーリングと日頃のケアで、髪の毛の傷みは解消できます。

今の時代は、カラーリングをしていない人の方が少ないくらいです。

当店では傷みを最小限に抑えたカラーリングと、潤いとツヤ感を持続させるケア方法をアドバイスさせていただきます。

TwitterFacebookLine

店舗情報:栃木県小山市・下野市の美容室 Be-Posh ビーポッシュ

店舗情報

栃木県小山市・下野市の美容室 Be-Posh ビーポッシュの店舗 栃木県小山市・下野市の美容室 Be-Posh ビーポッシュのご予約はお電話にて
  • 栃木県小山市・下野市の美容室 Be-Posh 小山西口店
  • 栃木県小山市・下野市の美容室 Be-Posh jaspar店
栃木県小山市・下野市の美容室 Be-Posh 営業時間 月~土/9:00~20:00 日・祝/9:00〜18:00

Google Map

小山西口店

Jaspar店

face book

栃木県小山市・下野市の美容室 Be-Poshのホームページを見た!とお電話ください。